インプラント②ふるかわ歯科の考え|福生市のなるべく歯を抜かない歯科治療「ふるかわ歯科クリニック」 拝島駅南口徒歩10分

ふるかわ歯科クリニック

インターネット予約 初めて受診される方専用

ご予約・お問合わせ

0425514744

最終受付:診療終了時刻の30分前

  • メールフォーム

  • 診療時間 9:30~13:00/14:30~18:00
    (土曜・日曜午後のみ 14:30~17:00)
    木・祝 /日隔週休み
    ※第2・第4日曜を休診日と致しますが、
    講習会などの開催に伴い変更する場合がございます。

院長ブログ

インプラント②ふるかわ歯科の考え

院長ブログ 

みなさま、こんにちは。

今回はインプラントに関するお話しです。

当クリニックの考えです。

 

まずみなさまが「インプラント」をお考えになるときはどんな時でしょうか?インプラント自体は1本の歯が喪失した時から用いられます。普通の考えでは、1本歯を失っときの選択は・・・ブリッジをお考えになる人も多いと思います。ただし、ブリッジ自体はどんな治療でしょうか?そうなんです・・・保険治療の範囲内ではあるものの、喪失した歯の前後の歯を削るのです。もし仮に、なんの虫歯のない歯を削ってしまうとしたら、どう思いますか?も ちろん、両隣の歯が健全であればあるほど、丈夫なブリッジが出来ます。ですが、やはり「自然」という考えからだと、「歯をつなげる」ことや「歯を削る」ことは、「自然」という考えからは遠くなります。また、「清掃性」が減り、歯の掃除が難しくなります。もちろんメンテナンスは大事なこと、ブリッジであろうとインプラントであろうと、天然歯であろうと必要なことですね。そこで、私の考えですが・・・まずご自身の歯、なのですが、虫歯になるともちろんのこと、歯を削ってしまうと、2度と元に戻りません。つまり歯を削り、人工物になってもなんらかの違和感が出来ると思います。もちろん、よい人工物にすればするほど違和感は少なくもなりますが、そうなると最低でも3本分、なかなか高価なものになりますし、自分の歯も削り、元には戻れません。そして実はインプラントと金額は変わらなくなります。

ここは考えどころ、だと思います。

確かにインプラントは「手術」をともない、恐怖心もある方も多いです。しかし、これ以上また歯を失ってしまったり、歯を傷つけ、今ある歯を失ってしまう可能性を広げてしまうことも考えられます。ですから、状況を見て、ブリッジを考える前にまずインプラントを考えていただきたいです。もちろん高価なものではあるため、もし、どうしても経済的に問題があれば、当クリニックにご相談ください。自費診療でもみなさまの負担が少しでも少なくなるよう、一緒に考えましょう。また、分割払いやカードなど支払い方法も多岐にわたります。もちろん最終的にブリッジや義歯になったとしても治療においてはみなさまに良い食生活を送っていただけるよう、しっかりとかめるものをご提供できるよう、施術します。

このため、私たちの提携している技工士さんもかなり優秀で、技術レベルの高い方々です。

この技工士さんと、インプラント、これにまつわるお話しをしたと思います。

それでは。

 

ページトップへ戻る