歯の黄ばみや汚れを落とす「エアフロ―」|福生市のなるべく歯を抜かない歯科治療「ふるかわ歯科クリニック」 拝島駅南口徒歩10分

ふるかわ歯科クリニック

ふるかわ歯科クリニック インスタグラム

インターネット予約 初めて受診される方専用

ご予約・お問合わせ

0425514744

最終受付:診療終了時刻の30分前

  • メールフォーム

  • 診療時間 平日 9:30~13:00/14:30~19:00(最終受付18:30)
    土日 9:30~13:00/14:30~18:00(最終受付17:30)
    矯正日(毎月ほぼ第2・第4水曜日)
    9:30~13:00/14:30~20:00
    木・祝 休診
    ※研修、セミナーに伴い変更する場合がございます。

歯の黄ばみや汚れを落とす「エアフロ―」

歯の着色を綺麗にする方法はホワイトニングだけではありません


歯の着色は、歯の表面に付着した汚れや色素が原因で起こります。茶渋やタバコのヤニ、コーヒーや紅茶などの色素が代表的です。歯の着色は、歯のくすみや黄ばみの原因となり、口元の印象を大きく左右します。

歯の着色を除去する方法には、ホワイトニング治療とエアフローによる清掃治療があります。

エアフローによる清掃治療は、専用の機材を使って、歯の表面に付着した汚れや色素を物理的に除去する方法です。

この「エアフロ―」について解説していきます。

こんなお悩みはありませんか?

  • コーヒー、紅茶を片手に仕事や勉強等をする
  • タバコを吸っている
  • 赤ワインをよく飲む
  • カレーが好きで食べることが多い
  • 甘い物を食べる時はチョコレート
  • 口の中が乾燥することがよくある
  • スポーツドリンク、炭酸飲料などをよく飲む
  • 食事の際にケチャップや着色の濃いソースをよく使っている

歯の着色汚れの主な原因


①着色しやすい食べ物をよくとっている

歯の着色は、歯の表面に付着した汚れや成分が原因で起こります。その代表的な原因が、普段口にする食べ物や飲み物です。

コーヒーやお茶、カレー、ケチャップ、ワインは、色が濃く、ポリフェノールやタンニンなどの色素を含むため、歯の着色を引き起こしやすい食べ物や飲み物です。

ポリフェノールやタンニンは、歯のエナメル質を覆っているペリクルに付着し、固まることで着色汚れとなります。


②喫煙

タバコを吸うと、煙に含まれるタール(ヤニ)が歯に付着します。タールには、黒に近い茶色の色素やネバネバとした成分が含まれています。

色素は歯の表面に付着して着色を引き起こし、ネバネバした成分は食べかすや細菌を吸着して歯垢を形成します。歯垢は歯の表面を傷つけ、虫歯や歯周病の原因となります。

また、タールは歯のエナメル質を溶かしやすくする性質があります。そのため、喫煙者は歯の表面が傷つきやすく、着色が定着しやすくなります。


③口呼吸をしている

歯が汚れるのは口呼吸が原因の場合もあります。口呼吸をしていると、口の中が乾燥して唾液の量が減ってしまいます。

唾液は口の中の水分を保つだけでなく、汚れを流してくれる働きもしています。口呼吸が続くと唾液が不足して汚れが流れにくくなり、歯に汚れが付着しやすくなります。


④歯磨きの回数不足・習慣がない

歯の着色汚れを防ぐには、日々の歯磨きと定期的な歯科医院でのメンテナンスが重要です。

食べかすや細菌が歯の表面に残ると、着色汚れの原因になります。特に歯と歯茎の境目や歯と歯の間は、清掃が疎かになりやすいため、着色汚れがつきやすい部分です。

着色汚れを予防するためには、まず日々の歯磨き習慣を確立しましょう。起床時や就寝前だけでなく、食後にも歯磨きをすると、着色汚れの予防に効果的です。


⑤加齢によるエナメル質の変化

加齢によって歯の表面のエナメル質が薄くなると、歯の奥にある象牙質が透けて見え、黄ばみが目立つようになります。また、長年の喫煙や飲食物の色素が歯に染み込むことも、黄ばみの原因となります。さらに、歯の表面に傷があると、その傷から色素が入り込み、黄ばみが目立ちやすくなります。

エアフロ―を使ったクリーニング

エアフロ―の特徴

エアフローは、歯面や歯周ポケットの奥深くの汚れを、ジェット水流と微粒子パウダーで除去するクリーニング方法です。

従来のクリーニングでは、歯面に直接器具を当てるため、歯や歯茎を傷つける可能性があるという課題がありました。エアフローは、歯面に触れずに汚れを除去するため、歯を傷つける心配がなく、タバコのヤニなどの着色やプラークなどのバイオフィルムを隅々まできれいに除去します。

また、歯周ポケットは、歯周病菌が好む酸素が極力少ない、狭いすき間です。深い歯周ポケットは、通常のクリーニングでは器具が奥深くに到達できず、細菌の取り残しが多くなります。エアフローの微粒子は、このような歯周ポケットの奥深くの汚れにも行き届くため、歯周病の予防に効果的です。

エアフロ―の注意点

  • 知覚過敏がある方は、エアフローのジェット水流が刺激となって痛みを感じる可能性があります。
  • 歯に詰め物や被せ物がある方は、その材質によっては、エアフローで傷がつく可能性があり歯を白くすることも出来ません。
  • ホワイトニングのように歯を白くする効果はなく、着色を落とすことのみが出来ます。

当院のエアフロ―料金

1回3,300円〜

※歯の本数や同日の処置内容により総額に変動がございます。

ページトップへ戻る